プログラミング教育の開始

2020年4月からプログラミングが小学校で必修化されるのはご存知でしょうか?順次施行される学習指導要領(新学習指導要領)で小学校から高校まで他学年に渡りプログラミングが必修としてスタートします(小学校が先行して2020年度から、中学校以降は2021年度以降順次スタートします)

文部科学省「小学校プログラミング教育」の手引き

何を学ぶのか

プログラミングというとパソコンを使い、何やら黒い画面に英数字を打ち込んでいくようなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?(映画マトリックスの世界観)小学生も2020年からは学校でプログラミングコードを習得していくと理解されている方もいると思います。

実はこれは誤解で「学校教育の中で扱う教科にプログラミングが入ってくる」というのが正しい2020年からの指導要領の変更です。では、国(文部科学省)が求めているスキルとは何か?それは「プログラミング的思考」です。

「プログラミング的思考」とは、新学習指導要領と同時に公示された「学習指導要領解説」で次のように定義されています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号をどのように組み合わせたらいいのか、記号の組合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、ということを論理的に考えていく力

つまり、「プログラミング」を通して「プログラミング的思考」を育むことが、2020年の学習指導要領の変更で目的とされていることです。

プログラミン的思考については、「ベネッセのプログラミング教育情報」にわかりやすく図解されているので参考にしてください。

図で解説「プログラミング的思考」とは

どうやって学ぶのか

この2〜3年、プログラミングの習い事ブームが起こっており様々なサービスがスタートしています。

通塾型からオンライン形式まで多様ですが、今回おすすめしたいのはAppleが公式で展開している「Swift Playgrounds」というアプリケーションです。

Swift Playgroundsの概要については公式ページに以下のように記載があります。

「Swift Playgroundsは、Swiftをインタラクティブに楽しく学べるiPad用の革命的なアプリケーションです。コーディングの知識は一切不要。だから、コードをこれから学び始める学生や生徒のみなさんにぴったりです。SwiftはAppleが作ったパワフルなプログラミング言語で、プロはSwiftを使って今最も人気があるアプリケーションの数々を開発しています。Swift Playgroundsでは、Swiftを使ってパズルを解きながらコードの基本をマスターできます。そのあとは一連の課題に挑戦して、Appleや業界をリードするデベロッパが作った一段と高度な遊び場-プレイグラウンド-にステップアップしましょう。」

要は、iOSアプリの開発言語であるSwiftを視覚的にパズルのように組み合わせることで学ぶというものです。

実際の操作動画を掲載しているYouTube動画をご紹介します。

Swift Playgroundsのすごいところ

さすがApple純正のサービスだけあってクオリティは最高レベルですが、さらに特徴的なところが3つあります。

iPadで気軽に学べる

プログラミングの学習というとパソコンを使ってというイメージがありますが、Swift PlaygroundsはiPadを使って手軽に学ぶことができます。タップやドラッグ、またはテキストや数値を入力するだけでコードを入力することができますし、コード用のQuickTypeに対応したショートカットバーががあるので、1回か2回タップするだけでオリジナルのコードも書くことができます。

コンテンツが追加できる

初期で用意されているコンテンツだけでなく、子供の興味に合わせてコンテンツを追加でダウンロードすることができます。しかも全て無料です。順次新しいものが追加されているので、スキルや興味に応じて段階的にレベルアップしていくことが可能です。

本物のロボットやドローンを操作できる

Swift Playgroundsはアプリの中でキャラクターを動かすだけでなく連携している実際のロボットやドローンを操作することができます。注目を集めるロボットやデバイスを作っているサードパーティデベロッパの購読サービスには、LEGO® MINDSTORMS® EV3のような人気の教育用おもちゃを構成したり操作できるようにする魅力的なプレイグラウンドが用意されています。

いかがでしょうか?Swift PlaygroundsはiPadで無料でダウンロード&プレイできますので、是非一度試していただきたいです。プログラミングの経験がなくても「プログラミング的思考」を十分に体験できます。子供たちが学校でどうゆう学びをしていくのか、保護者自身で確かめてみましょう。

「Swift Playgrounds」のダウンロードはこちら

参考:【子ども向けプログラミング】KOOV by ソニー