「外国語活動」の目的

皆さんは2020年の4月から小学校で開始される予定の「外国語活動」についてご存知でしょうか?(コロナウィルスの影響で開始されたことに注目は集まっておりませんが、文部科学省が示している新学習指導要綱にはしっかりと記載されており、計画通り導入が進んでます)


「外国語活動」の目的は英語でコミュニケーションをとることができるようになるための基礎力を育むことです。これまでの英語教育では英語4技能(聞く、話す、読む、書く)のうち「読む」「書く」の2つの力が重視され、アルファベットを書いたり文法を勉強したりといった部分が中心でした。

皆さんが中学校に入った時に始めて受けた「英語」の需要が上記に該当し、まずは単語の練習と懐かしの「This is a pen」と言った、実生活でいまだに使ったことがないような簡易なレベルの英文から読む練習をした記憶があると思います。

親世代は強く実感していると思いますが、グローバル化が進んだ現代で、英語でコミュニケーションを取ることができるようになるには、当然それだけでは足りません。英語で他人とコミュニケーションをとるには「話す」「聞く」、自分の意志を文章にして相手に伝えるといった力が必須となります。小学校で新たに導入される「外国語活動」は、それらの力を身に付け、英語でコミュニケーションを取ること、相手に自分の意思を伝えること、外国語を話すということなどを経験することが目的とされています。

何をするのか

「外国語活動」はアルファベットを書いたり英単語を暗記したりするような英語学習から始まるのではなく、外国語でコミュニケーションを取る、英語4技能の「話す」「聞く」力を育てる内容になります。子どもたちが外国語でコミュニケーションをとることに慣れて、楽しめることや、積極的に英語で話したり、相手が英語で話してくれることを聞こうとできることが大事になります。

「外国語活動」に向けて準備できること

前述の通り、外国語活動では英語でコミュニケーションを取ることを楽し見つつ、「話す」「聞く」力を伸ばせるかが大切です。

事前に対策がしたい、という場合は英語を聞くことや話すことに抵抗を持つことなく学んでいけるように、英語でコミュニケーションを取ることに慣れておくことや、「話す」「聞く」に触れて準備をしておくのがおすすめです。英語でコミュニケーションをとる成功体験や、英語が話せるとこんなことができる、話せるようになりたいといったポジティブなイメージを持ってもらえると良いと思います。

オンライン英会話で対策はできる?

このコロナ禍でなかなか対面で英語を好きになるきっかけの一つである「実際に英語でコミュニケーションを取ってみる」ことは難しい状況です。

そうゆう際は、オンライン英会話で「外国語活動」の準備や対策はを行ってみるのはいかがでしょうか?EdTech(エドテック)と呼ばれる教育(エデュケーション)とIT技術(テクノロジー)を組み合わせた造語で知られる分野が急成長しており、これまでと英語学習のスタイルが変わってきています。

EdTechについては以前の記事でもご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

Edtech(エドテック)とは何か

子供向けのおすすめオンライン英会話サービスについてはこちらを参考にしてください。

子供向けオンライン英語比較

いかがでしたでしょうか?
各社工夫を凝らした素晴らしいサービスです。無料体験レッスンを実施しているところがほとんどですので、まずは子供が楽しめるかどうか試してみるのも一手です。