本日未来の新しいワークスタイルを想起させる面白いニュースが出ていたのでご紹介します。

以下引用

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 南研究棟 アントレプレナーラボ)は、株式会社富士建(佐賀県佐賀市)、ビスペル合同会社(静岡県富士市)と共同で、油圧ショベルをインターネット経由でリアルタイムに遠隔操作する実証実験に成功、本システムの事業化を開始致しました。本遠隔操作装置は、メーカー、機種を問わずに既存の建設機械に後付けで搭載でき、インターネットに接続したノートパソコン、スマートフォンであればどこからでも遠隔操作が可能となっております。新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした建設現場のテレワーク化にも応用可能です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000058931.html

元記事 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000058931.html

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 南研究棟アントレプレナーラボ)は、株式会社富士建(佐賀県佐賀市)、ビスペル合同会社(静岡県富士市)と共同で、油圧ショベルをインターネット経由でリアルタイムに遠隔操作する実証実験に成功、本システムの事業化を開始致しました。本遠隔操作装置は、メーカー、機種を問わずに既存の建設機械に後付けで搭載でき、インターネットに接続したノートパソコン、スマートフォンであればどこからでも遠隔操作が可能となっております。新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした建設現場のテレワーク化にも応用可能です。

上記記事の中でも特に注目したのがこちらの写真です。

完全にゲームの操作と同じですよね。これまでゲームをプレイしても将来の役に立たないと言われてきました。最近ではゲームクリエイターやプロゲーマーなど先端を行く人が増えてきましたが、まだまだ一般的ではありません。

また、教育の分野でもゲームを熱中させる要素を活用した「ゲーミフィケーション」を使い子供達のモチベーションを高めたり、長く継続してもらうための手法としても注目されています。

本題に戻りますが、上記の写真の通り子供のうちからゲームを極めると将来工事現場で活躍することに繋がるということです。工事現場の人員も不足している中で、育成コストを低減できるだけでなく重機を操作できるプロが遠隔から作業することで移動時間の節約にもなります。

当然現場のスタッフも重機の搬入や設置が必要なのでゼロにはできませんが、セットしたらあとは任せておけるので別の業務に従事することができますし、夏の炎天下の中で作業する必要もありません。

今の子供達はスマートフォンやタブレットのアプリを使いこなす上に、2020年度からは義務教育の学習指導要項が改定され、プログラミングも小中学校で順次スタートしていきますので大人が考える以上のスキルが身についていまので下地は十分すぎるほどにあります。

大人が想像しきれない未来の働き方が生まれるかもしれません。今から楽しみんです。

おすすめ記事:地方こそEdTechの活用を