リリースキャンペーン実施中

Go Visions株式会社が、2021年1月9日(土)に、小中学生向けオンラインスクール『SOZOW(ソーゾウ)』をオープンしました。


「新時代を生きるチカラ」を育む学びの場として、子どもたちの「想像力」「創造力」「つながり」を伸ばし高めるコンテンツが多く用意されています。

公式サイト

SOZOW紹介動画

『SOZOW(ソーゾウ)』で体験できる新しい学び

SOZOW(ソーゾウ)が提供するのは、子どもたちの好奇心をくすぐるテーマに沿ったプログラムの数々で、幅広いテーマの中から子どもたちは興味あるもの・好きなものを自由に選ぶことが可能です。

オリジナルゲームをつくりながら「プログラミング」について学んだり、「映像表現」「最先端のテクノロジー」「経済・ビジネス」「プロの多様な生き方」といった子どもたちが普段なかなか触れる機会のない分野で、それぞれの探求や新しい表現・ものづくりを実践していきます。

さらに、SOZOW(ソーゾウ)では、「双方向的参加型」のオンラインライブ配信を通して子どもたちの好奇心に火がつき、「ホームミッション」で一人ひとりの興味を深めていきます。

それぞれが取り組んだ作品や探求内容は「SOZOWキャンパス」と呼ばれるオンラインコミュニティで全国の仲間へシェアすることができる仕組みです。お互いの学びや活動から刺激をもらったり、学びあい賞賛しあいながらさらに興味を広げていきます。

一人ひとり違う「想像力」と「創造力」を、仲間やプロクリエイター、メンターたちとの「つながり」によって伸ばし広げていくのがSOZOW(ソーゾウ)の特徴です。

SOZOW 学びのサイクル

子供たちの好奇心をくすぐるテーマで、様々なアクティビティを用意。
テクノロジーを使って新しい表現やものづくりができ、新しい時代の生き方や仕事について自分らしく探求できます。子どもたちは、幅広いテーマの中から自由に選んでアクティビティに参加できます。

sozow提供プログラム-edtech

運営会社「Go Visions株式会社」について

Go Visions株式会社は、「一人ひとりがビジョンに向けて進める世界をつくる」をミッションとしています。一人ひとりがビジョンに向けて進める社会づくりへ貢献したいと考え、事業を行っています。

元々リアルの体験イベントとして「Go SOZO」が企画され、コロナウィルスの感染拡大に伴いオンライン型にシフトした背景があります。

2020年6月には東京都が有望な事業計画を有するスタートアップ企業を支援する「青山スタートアップアクセラレーションセンター」の「第10期」へ選出されました。2020年10月20日に開催された最終Demo Dayでは、大賞となる「オーディエンス賞」を受賞。新時代のEdTechとして注目を集めています。

公式サイト