EdTech(エドテック)のサービスの中でイメージしやすく、かつ一番取り組みやすいと思われる子供向けのオンライン英会話サービスをご紹介します。

前々回の「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」、前回の「リップルキッズパーク」に続き今回は「Kimini英会話」をご紹介します。

以前の記事で複数サービスの比較をしてみましたが、本記事では個々のサービスの詳細について調査・ご紹介します。

過去記事:子供向けオンライン英語比較

Kimini英会話をまとめると

トップページにも記載がある通り、なんと言っても教育に70年の歴史を持つ「学研」が提供している点が特徴です。学研として初のオンライン英会話ブランドであり、英語の学習方法がわからない方でもシステムに沿って学習をするだけで 『話せるようする』ことを実現すると謳っています。 オンライン英会話業界では少ない「コース」としての学習提案方法を採用し、「話せるようになる」英語学習を提供しています。

学研グループのオンライン英会話

特徴

学習方法をお任せできるコース

最初にどのコースを受講するかを決めたら、あとはレッスンを予約・受講していくだけ。レッスンの都度「今日は何を勉強しようか」と悩む必要がありません。

レッスンごとの予習復習教材はもちろん、コースの途中には理解度テストのレッスンがあります。テストの結果に応じて理解の足りていない単元を次回のレッスンでおさらいすることで、確実に英語が上達します。

スカイプ不使用

オンライン英会話レッスンでは、一般的には「Skype」という無料の通話ソフトを利用しますが、Kimini英会話では使用しません。代わりに、タブレット、ソマートフォン、パソコンのブラウザからアクセスできるので面倒な設定は必要ありません。場所に応じてデバイスを使い分けることも可能です。

全国の小学校・中学校・高校での導入実績

全国の有名私立、公立学校を問わず、学校での導入実績があります。学研の参考書編集者が、そのノウハウを活かして開発したオリジナルコンテンツを使用します。小学英語から高校英語まで英文法をベースとしたコースや、即興的な会話を練習をするコース、各種検定試験対策など、様々なプログラムから選べることが特徴です。

導入事例の紹介はこちら

教材カリキュラム

小学生からビジネスマンまで21のコースが用意されており、それぞれの目的やレベルに応じたカリキュラム、教材が用意されています。学研が出版している書籍から実績や人気があるものを使用してのコースもあり、例えば、「ばっちり話せる小学英語」コースでは、学研より出版されている人気書籍「小5英語がばっちり身につくレッスン」「小6英語がばっちり身につくレッスン」をベースに、オンラインレッスンに適した形にアレンジし新学習指導要領にも対応しています。

運営している会社

社名:株式会社Glats(学研グループ)
URL:https://glats.co.jp/company/
所在地:東京都品川区西五反田 2-11-8 学研ビル
役員:代表取締役社長 杉原 聡
事業内容:オンライン英会話サービス
設立日:2016年7月

初月無料キャンペーン実施中!