2020年から小学校での英語学習がスタート

コロナによる在宅学習の注目度が上がり、2020年4月から導入された「外国語活動」についての話題が少なくなっていますが、文部科学省による新学習指導要綱により4月から指導内容の変更がなされています。

参考:2020年から始まる小学校の授業「外国語活動」とは何か?

今回導入された「外国語活動」の目的は英語でコミュニケーションを取ることができるようになるための基礎力を育むことです。

これまでの英語教育では英語4技能(聞く、話す、読む、書く)のうち「読む」「書く」の2つの力が重視され、アルファベットを書いたり文法を勉強したりといった部分が中心でした。この記事を読んでいる方の、多くの方が中学校に入った時に始めて受けた「英語」の需要が上記に該当すると思います。まずは単語の練習と懐かしの「This is a pen」と言った、実生活でいまだに使ったことがないような簡易なレベルの英文から読む、発話練習をした記憶があると思います。

今後は、学校で初めて取り組む英語を「聞く」「話す」にシフトしていく方針で、小学校3年生から授業の中で外国語、特に英語に触れる時間が増えていきます。

ビジネス上において英語が必要になってきているというのは言わずもがなで、旅行や外国人観光客に道を聞かれた場合など、英語を話せて得することはあっても損をすることはありません。日本人の英語力は非英語圏の各国に比べて低いと言われており、今後国を挙げて英語力の向上に取り組んでいくことが求められています。

学習塾での英会話の取り組み

これまで英語の授業は中学生になってからというのが公立小・中学校での方針でしたので、学習塾も英語に関しては小学生向けはほとんどありませんでした。「英会話教室」のような学校の授業とは切り離して英会話のスキルを伸ばすことを目的にしている学習教室以外は、学校の授業についていくことや成績を伸ばすことが目的ですので自ずと商品として用意する必要がありませんでした。

今後は、小学3年生から英語の取り組みがスタートし、小学校5年生から他の国語や算数と同様に成績(通信簿)が付きます。また、一部の公立の学校でも入試に英語が入ってきているため、学習塾に対し保護者から英語の取り扱いのニーズが高まっているという現状があります。さらに今後学校で成績がつくようになると、子ども単位での得意・不得意が明確になってくるため更なる需要が予想されます。

学習塾の「英会話」に関する課題

上記の通り、学習塾での英語学習のニーズは増えてくることは間違いない中で、受け入れ側の学習塾には大きな課題があります。

一番は英”会話”を教えられる人材が不足している点です。これまでも学習塾で英語の取り扱いは中高生向けには存在していました。しかし、この英語強化のゴールは大学受験を成功させることであり、あくまでも文法を中心とした「受験英語」です。

受験英語の多くは文法や長文読解、英作文が中心で、会話はほとんどありません。多くの受験生の採点が必要なため運営上仕方がない点もありますが、一部の面接形式の入試を除いては英会話は必要とされていませんでした。

そのため学習塾で中高生向けに用意されている英語教科は、英会話を必要とせず、その結果学習塾で働いているスタッフも英会話力は求められませんでした。つまり、保護者や子どもたちが英会話を学習塾に求めても教えることができないという問題が発生しています。

当然保護者からの問い合わせはあるようですが、近隣の英会話教室と比較され、英会話教室を選ぶ方が多いそうで、国語や算数は学習塾、英会話は英会話教室と暗黙の棲み分けができている地域もあるようです。

結果、学習塾にとっては英会話のサービスが提供できないことにより機会損失が生じていることになります。

英会話のアウトソース

学習塾で英会話を取り入れようとしても人材が不足しているという課題がありますが、解決策として人材を採用すれば良いのでは?という素直な疑問が湧きます。

実は英会話ができる人材を採用することはとてもハードルが高いです。まず一般的なのは英語がネイティブな国出身の外国人採用ですが、元々人数が限られていることに加えコロナにより出入国が制限され、新たな人材が入ってこない事情があります。また、日本人で英会話が堪能な人材は、比較的高所得な職業に就いている方が多くなかなか労働時間も長い学習塾で働きたい人が少ないようです。

そこで学習塾では、英会話をアウトソースする手法を取り入れ出しています。

主に利用しているのは「オンライン英会話」でパソコンやタブレットでのビデオチャットで画面の先にいる英会話の先生と会話をしながら英語力を身につけていくというサービスです。

オンライン英会話は、「レアジョブ」に代表されるように元々家庭向けに提供するところから市場自体も成長してきましたが、近年では学校などの教育機関や学習塾への導入も増えてきています。

レアジョブ決算資料抜粋-2021年3月期第2四半期 決算補足説明資料
参考:レアジョブ社 2021年3月期第2四半期 決算補足説明資料

教科をアウトソースするとクオリティが低いのではないかという指摘も出てきますが、利用者(生徒)にとってもメリットが多くあります。

英語スキルが高い

一般的にオンライン英会話の先生はフィリピン人が務めることが多いです。フィリピンは英語が公用語のため母国語レベルで英語を話せる人が多く、アメリカ、イギリスに次いで世界で3番目に英語が話されていると言われています。

また、現地には英会話講師として働く方専用のセンターを設けている事業者も多く、日本人向けに授業を行う上で必要なスキルを身につける研修制度もしっかりしています。

会話の量が多い

英会話力を身につけるためにはアウトプット量(発話量)が何より重要です。英会話教室の場合、他の生徒とグループでのレッスンになる場合が多く、一人当たりが発話できる量も限られてしまいます。

英会話教室でも少人数やマンツーマンのコースを用意しているところもありますが、料金は高く設定されていることがほとんどです(人件費の都合上致し方ない部分です)

レッスン料が割安

以前こちらの記事でもご紹介しましたが、オンライン英会話の講師がフィリピン人であるメリットは、英会話スキル以外にも「コスト面」でのメリットもあります。

日本とフィリピンでは物価が違うため、講師がフィリピン人で人件費を安く抑えることができます。日本人向けのオンライン英会話講師は時給換算で3~500円と言われていますが、現地では中〜高所得に位置付けられます。

自宅でも学習ができる

オンラインでのレッスンになるので、毎回学習塾の教室に通う必要もありません。英会話は発話量が重要ですが、1日に多くの時間を使うだけでなく、レッスンの頻度も重要です。週に1回は教室で、週に1、2回は自宅でレッスンに参加することで頻度を高くすることもできます。

「最初から自宅でオンライン英会話をすれば良いのでは?」という疑問を抱く方もいるかもしれませんが、学習塾の先生も学習のプロですので、目標設定やわからないところの質疑応答、文法と会話を結びつけての学習などサポートしてもらえる利点があります。

また、オンライン英会話を家庭向けに提供している企業は、利用者の集客のために広告宣伝費を掛ける必要がありますが、学習塾向けに提供する場合は必要ありませんのでその分、レッスン料を抑えて提供することができます。さらに、学習塾の場合多くの利用者が見込まれるため、オンライン英会話を提供している事業者もディスカウントを掛けている場合も多く、これは利用者が月謝で払う費用に還元されます。

まとめ

以上のように、学習塾でのオンライン英会話の導入が進んできていますが、今度はより一層導入が進むことが予想されます。中学の入試に英会話が導入されることも今後あるかもしれませんが、そうすると学習塾でも英会話を習うということはごく自然になってくるのではないでしょうか。

参考までに以下の事業者が学習塾向けにも提供しているようですのでよろしければ参照してください。

ダイアログプラス:株式会社ダイアログプラス

OLECO:株式会社スタディラボ

GLOBAL CROWN:株式会社ハグカム