コロナウィルスによる子供たちの状況

コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令され、外出自粛とともに学校、学習塾の休みが続いています。

先生方はその中でも子供たちの学びを止めないよう、電話や家庭訪問、オンラインビデオチャットシステムなどを使いあの手この手でサポートしています。子供たちも事情がつかみきれない中で突然学校が休みになり、友達と会えなくなったりと不便を強いられていますが、新学期もスタートできない中で頑張って今の生活をよりよくできるよう試行錯誤をしている状況です。

では、現在子供たちはどのような生活を送っているのでしょうか?参考までに私が見聞きした小学生の状況を共有します。

大多数の子供たちは学校から配られるドリルやプリントを元に家庭学習を続けています。中には授業の録画動画の配信やZoomを活用したオンライン授業配信を行っている学校もあるようですが少数です。基本は自習がメインで、定期的に先生と電話などでのコミュニケーションを行なっているという状況です。

また、学習塾に通っている子たちは、自宅に教材が送られ、それを進めつつビデオ形式での授業配信や定期的に先生からコーチングを受けています。一部デジタル教材を取り入れている学習塾は、通常は教室で受講するコンテンツを自宅のデバイスで受けれるように措置を講じているようですが、あくまでも自習の域を出ないレベルです。

突然通学、通塾ができなくなるという事態は誰も想定をしていなく、対面・リアルでのコミュニケーションが大前提だった世界が一変し、現実的は追いつけていないというが現状です。

BeforeコロナのEdTech

今でこそEdTechを導入し、いかに不便のない学習環境を子供達に提供するかが求められていますが、コロナウィルス問題が発生する前に時間を戻すとEdTechは全く違う認識をされていました。EdTechは良いものだけど、いつか来る未来のツールとして認識され、抱える課題も批評的に述べられるだけで具体的な改善案やトライアルはなされない状況でした。

(理想を言えば課題を挙げた上で、現役の教育のプロの意見を取り入れつつ未来志向で改善していくというプロセスがなされるべきでした)

公立をはじめとする学校においては、デバイスの整備が国任せの中で、新学習指導要項についても受け身の印象です。積極的に新しい学習環境を取り入れていく姿勢がある学校はごく一部に限られていたと思います。

学習塾の方が民間運営ということもあり少し進んでいる印象でしたが、あくまでも補助教材という位置づけが強く、人材難の時代に対応するめの補助ツールであったり、より確実に難関高校、難関大学に合格するためのサポートツールとしての活用が検討されていたというのが実情でした。

コロナ時代のEdTech

まずコロナウィルスに伴う緊急事態宣言が発令された後に起こったことを整理したいと思います。

緊急事態宣言とともに、急に通学・通塾ができなくなってしまったので、これまで対面で行なってきたことを、できるところから断片的、継ぎ接ぎ的に「いかにオンラインに置き換えるか」という視点での対応が行われました。

これはEdTechの活用というより、既存のシステムをいかにネット環境に乗せるかということで、重要視されていたのはあくまでも「リアルの置き換え」です。これまでの先生一人対生徒数十人の配信方授業やホワイトボードを使っての板書をベースにした授業方式です。

緊急事態宣言の検討か発令まで時間が限られていたので、空白期間を作らないかが最重要視されていた中では致し方ない対応だったと思います。

本執筆時点(2020年4月20日)では上記の突貫対応が一巡し、今後は遠隔の環境下でいかに効率よく、クオリティを上げていけるかが求められてきます。

子供たちに現在の方式の自習を促しても、期待する自習をやり遂げる生徒はごく一部だと思います。これは手法が録画済みの動画に変わっても同じです。余程やる気がある生徒はしっかり取り組むと思いますが、大半の生徒はサボると思います(私もそうです)

実際問題として、環境が変わって自習を取り組める生徒は、学校や塾が代替手段を提供しなくても取り組み自体は変わないと思われます。重要なのは上位20%以外の子供達で、彼らは別に勉強ができない訳ではなく、興味関心が湧かないだけです。

これまでは共通の場所で授業を受けたり、先生の目がある中である種のきっかけや動機付けが働いていましたが、現状の自宅学習ではそれが起こりにくい環境です。

短期的には問題は大きくないと思いますが、長期的に続いた場合、上位層との差が広がるだけでなく、興味関心を得る機会が減ってしまうという弊害が起こるリスクが高いです。結果的には全体の学力の低下という事態が発生しかねません。

アフターコロナのEdTech

今回のコロナウィルスでの緊急事態宣言に伴う各教育機関の対応について、第三者視点だと、これまでEdTech領域の情報収集を行なっていたか否かが如実に現れたという印象です。先んじて対応を検討していたところはZoomやアプリを使った自主学習+コーチングの形式で行っている印象です。1日に数回先生とzoomなどのビデオチャットで繋ぎ、質疑応答や雑談でのモチベーション維持を行っています。

ここで重要なのは先生が全て教えるのではなく、あくまも主体は生徒で先生がそのサポートに徹しているということです。ここにアフターコロナ時代のEdTechのヒントがあると考えています。

コロナの影響が落ち着いた後に起こる発想として、「毎回の通学、通塾が必須ではなくなる」という点があると思います。これは教育分野だけでなく、在宅勤務を行っていた保護者であれば感じられていると思いますが、想像していた以上に自宅での仕事ができてしまうのです。完全に在宅でというのはやりにくい部分も当然あると思いますので、ハイブリッドでのワークスタイルというのが広がってくると予想され、子供たちも自宅と教室のハイブリッドでの学習スタイルが選択肢として出てきます。

ハイブリッドの仕組みが広がってくると、前述の通り毎回教室で授業を受ける必要はなくなりますので、自宅やその他移動効率が良いところでの学習が基本になります。困ったことがあればオンラインで先生や生徒同士で解決することが基本になります。一方で通学・通塾が全くなくなることはないです。グループワークやプレゼンなど座学以外の部分など、オンラインが苦手なこと(できなくはないが必ずしもオンラインで行う必要がない内容)は引き続きリアルな場で残ります。

移動の時間がなくなりますので、空いた時間をインプット学習以外に使うこともできますし、勉強だけでなく子供達の遊びや趣味の時間に充てることももちろんOKです。

以上のようにアフターコロナのEdTechはこれまで以上に変化が大きくなります。社会全体でのチャレンジになりますので最初から全てが上手くいくとは限りませんしトラブルも発生することが予想されます。大事なことは「リスクがあるからやらない」ではなく「リスクを検知したらすぐに改善する」です。リスクを検知する仕組みとやってみて課題があれば最速で改善して良いものをみんなで作り上げていきましょう。

よろしければこちらのEdTechに関する記事もご覧ください。

EdTechはリアル学習を代替できるのか