英語を学びたいという気持ちがあっても、自分ひとりでがんばるのが難しいことも多いです。そんなときにはモチベーションを保つために、家族みんなで英語を学んでみるのはいかがでしょうか?

今回は家族で英語を学ぶときの8つのポイントをお伝えいたします。

なぜ家族で英語を学ぶといいの?

1.学習モチベーションがアップする

グループで学習することで、複数の人に対して責任を負うことになり、怠けることができなくなります。さらに負けず嫌いな家族がいると競争心で、学習熱がもっと高まりますね。

2.お互いが会話練習のパートナーになれる

英語を学ぶとき、練習は不可欠です。ですが、いつもネイティブの話し相手がそばにいるわけではありませんよね。英語学習者が家にたくさんいれば、いつでも時間があるときに英語で会話することができます。

3.楽しく学べる

みなさんゲームや映画、好きですよね。これらのアクティビティーを日課として家庭で取り入れることで、楽しく英語を学ぶことができます。実際に英語を使ってみることで、英語の定着も良くなります。

家族で英語を学ぶときの8つのポイント

1.英語を学ぶメリットについて話し合う

例えば、英語を学ぶメリットとして、世界の公用語なので、多くの人とコミュニケーションがとれるようになることが挙げられます。

他にも外国に住む日本語を話さない親戚とよりよくコミュニケーションがとりたいという場合や、旅行先で英語が必須だから、旅行をもっと楽しむために学びたいといったケースもあるかもしれません。

理由がなんであれ、家族全員が同じゴールを見据え、モチベーションを高められるようにしましょう。

2.映画やテレビ番組をみる

テキストを使って学ぶよりも、映像のほうがのめり込むことができるでしょう。

さらに映画やテレビ番組をみることで、英語を文脈で理解することができるようになり、学んだことが実際の会話で応用しやすくなります。映像を通しての英語学習はどんな人にも適していますが、特に家族で英語を学ぶのに最適です。

家族のなかでもそれぞれの興味や集中力は異なりますが、映画やテレビ番組をみるのが嫌いな人はあまりいないと思います。映像を通じての英語学習は、家族全員にとって魅力的なアクティビティになります。

十分にボキャブラリーを獲得したら、映画やテレビ番組をみたあとに、その内容について英語で話し合ってみてもいいでしょう。

3.1日ごと/1週間ごとの学習スケジュールをたてる

家族で英語を学習をしていると、スケジュールを合わせるのが難しいですよね。だからこそ、1日ごと/1週間ごとのスケジュールをたてることが重要です。

例えば、毎日夜の6時から6時15分までボキャブラリー、6時15分から6時30分まで文法に取り組む、そして金曜日の6時半から9時までは英語で映画をみる、といったスケジュールがたてられます。

スケジュールを立てたら、家族全員がみることができるように紙に書いたり、ウェブ上のカレンダーで共有するようにしましょう。

こうすることで、それぞれが予定を楽しみに待つことができるだけでなく、いつ他の家族の予定が空いており、共同の学習時間がとれるのかを把握することができます。

4.共同の目標をたてる

目標を立てることで、学習モチベーションが高まるだけでなく、学習の方向性が定まったり、達成感を味わうことができたりします。家族で英語を学習するときは、家族いっしょに目標を設定してみましょう。

挑戦しがいがありながら現実的な目標をたてることが大切です。家族みんなで力を合わせることが必要な挑戦しがいのある目標を立てましょう。

ハードルが高すぎても問題で、モチベーションが下がってしまうので、上手に調整しましょう。例えば、手始めに、目標を2日間で15の頻出単語を学ぶことに設定してみましょう。この目標なら、子どもも大人も少しの努力で達成できますね。

学習を重ねていくにつれ、目標を少しずつ高くしていきましょう。

5.家のアイテムにラベルを付ける

家のアイテムに英語でラベルを貼ることで、日常的に使うアイテムのボキャブラリーを簡単に増やすことができます。ラベル貼りは楽しくて、学びがいのある家族イベントにもなります。材料を用意して、家族いっしょにラベルをつくってみましょう。ラベルをつくりながら、その単語と意味を声に出してみましょう。

単語の定着が高まり、実際に家でアイテムを目にしたときに認識しやすくなります。

6.ゲームをする

英語を楽しく学べるゲームはたくさんあります。こちらのブログでも良い例がご紹介されていましたので、ぜひ参考にしてみてください。

お友達や家族と遊ぼう!英語を使ったゲーム5選

【英語で遊ぼう♪】秋の夜長に楽しみたいゲーム

7.英語圏の料理をつくる

英語圏の文化に実際に触れてみると、英語を学ぶモチベーションが高まりますよね。英語圏の料理をつくってみるのはいかがでしょうか。

まず英語のレシピを探しましょう。レシピが見つかったら、料理名や材料、調理器具などの意味を辞書で調べます。料理をつくる過程や食事をするときには、できるだけ多くの英単語を使って会話してみましょう。

英語圏の文化を味わいながら、食に関するボキャブラリーを増やすことができます。

8.お出かけを英語レッスンにする

買い物や動物園などのお出かけやドライブを英語レッスンに変身させましょう。そのためには事前にボキャブラリーリストを用意します。お出かけの際には、ボキャブラリーリストの単語をなるべく多く使って話してみましょう。

今回は家族で英語を学ぶ方法についてご紹介しました。英語学習は継続することが大切です。継続の鍵となるモチベーションの維持を家族でしてみてはいかがでしょうか。