みんがくとは何か?

みんがくは家庭でも塾と同じように勉強をがんばりたい塾生の支援に特化した、管理人常駐のオンライン学習ルームです。学校や塾では集中して勉強ができるけど、家に帰ると誘惑が多く集中して勉強ができなかった経験をお持ちの方も多いと思います。

みんがくはオンラインの自習室を作り、勉強したい生徒たちが集まって一緒に勉強するバーチャル空間です。さらにオンライン上に場所を用意するだけでなく管理人を常駐することにより、「なんとなく集まって勉強する」から集中して勉強に取り組める空間作りを目指しています。

一年中毎日利用することができ、利用できる時間も18:00〜22:00と家庭学習のコアタイムに設定されています。また、夏休みや冬休みなどの長期休暇中は、朝の部も開設されており、生徒はビデオ会議アプリのZoomを利用して家庭のパソコンやタブレットなどから好きな時に利用することができます。

みんがくの特徴

管理人が常駐

みんがく_管理人が常駐

自宅での自主学習をサポートします。

LINEやZoomとの連携

みんがく_独自のシステムをLINE、Zoomと連携

みんがく独自のシステムを生徒が普段使っているツールと連携させることでスムーズに利用できます。

レポート機能

みんがく_充実したレポート機能

入退時刻、学習内容をレポートにまとめ以降の学習に利用することができます。

みんがくの紹介動画

管理人の役割

管理人はオンライン指導の経験がある塾の講師たちが務めており、生徒とさまざまなコミュニケーションを取ります。

例えば、生徒は「みんがく」に入室する前に、無料通話アプリのLINEで管理人に挨拶をして「今日やること宣言」のメッセージを送ります。管理人は生徒のメッセージに対して「待っていたよ」「一緒に頑張ろう」といった激励のメッセージが送ります。あえて目標を宣言することで、集中力をアップさせ、宣言した目標を達成すべくモチベーションを上げることができます。


また、生徒が退室する時は管理人に挨拶をしたあと、「今日やったこと」のメッセージを送るルールがあります。これに対して管理人は「今日は特に頑張ったね」という承認メッセージを送ることができ、努力を承認するというステップが持たれています。
 

利用方法

残念ならが現在個人での申し込みはできません。塾の自習室の延長という考え方のため導入している学習塾経由での申し込みが必要です。2021年3月時点で全国52の塾で導入されていますのでお近くの塾で利用可能か確認してみてください。

また、別のサービスですが似たサービスとして「mocri(もくり)」があります。SNSやソーシャルゲーム大手のmixiが開発している作業通話アプリで、こちらは個人での利用が可能です。

こちらの記事で詳細をご紹介していますのでよろしければ参考にしてください。

【mocri】mixiが提供する作業通話アプリとは?