「オンライン&教室学習」とは

これまでは週2回教室へ通うことが通常の学習スタイルでしたが、オンラインと教室を組み合わせた学習方法であれば、週1回は教室で、週1回は自宅でオンラインでといったハイブリット型の学習を提供するものです。

自宅でのオンライン学習でも授業中はオンラインで先生と繋ぎながら学習するため教室で、教室で学習すのと同様に先生からのサポートも得られます。

コロナ禍で教室へ通うことに懸念を持たれる方もリスクを減らしつつ学習クオリティを維持することができます。また、保護者の観点からも送迎の時間が減ったり、家での学習の習慣がつくこともメリットとして挙げられます。

KUMONのオンライン&教室学習

オンライン学習の流れ

Zoomに入る準備をします。

その日学習するプリントを準備します。机の上にはプリント、筆記用具だけをおいて、集中して学習できるようにします。

時間になったらZoomに入り、学習を開始します。先生がお子さまの学習の様子をみて、声かけ、サポートを行います。

その日のプリントが終わったら、最後に先生と今日の学習についてお話をして終わりです。

教室での学習の流れの詳細についてはKUMONの公式ページで紹介がありますので参照してください。

学習の流れ

KUMONについて

KUMONは1954年に原型がスタートしたとても歴史があるサービスで、親世代も子供の頃通っていた方も多いと思います。今では日本のみならず世界各国に広がっています。改めてその特徴についてご紹介したいと思います。

ちょうどの学習

⼀⼈ひとりの⼒に応じた「ちょうど」の学習でステップアップし、100点を積み重ねていきます。難しい問題に挑戦するのではなく、解ける問題を確実に解いていくことで自信もつきます。もちろん繰り返していけば実学年より上に進みます。学ぶ楽しさやできる喜びをはぐくみながら学力を高め、能力を最大限に伸ばします。

自学自習で進む

KUMONでは、教材を自分で読み、考え、解き進んでいく、自学自習がメインです。一斉授業ではなく個人別・学力別の学習法で進めていくので学習に対して苦手意識があるお子さまも、どんどん学んでいきたいお子さまも、誰かのペースに合わせる必要はありません。

また、先生から一方的に教えられるのではなく、答えを自分で導き出していく学習習慣は年齢が上がっても重要で、長期的に夢や目標に挑戦する力につながっていきます。

スモールステップの教材

やさしい問題から高度な問題へと少しずつ難易度が上がる、「スモールステップ」で学習を進めます。つねに自分に合った「ちょうど」の内容を学習できます。解ける問題だからこそ途中で挫折することもないですし成功体験を積み重ねていくことで自信にも繋がっていきます。

KUMONの先生

「一人ひとりのできること」を見つけて、可能性を引き出します。学力や個性・気持ちをきちんと把握したうえで、「ちょうど」の学習ができるようにサポートします。あくまでも主体は子どもで、先生はコーチングの役割でモチベートしていきます。

KUMONのオンライン&教室学習についての詳細はこちら>

参考:【プロを指名できる】オンライン家庭教師マナリンク

参考:【子ども向け】オンライン教育サービスまとめ