注目のEdTech(エドテック)アプリ

おすすめのEdTech(エドテック)アプリを定期的にご紹介していますが、今回は「ABC mouse」(ABCマウス)についてご紹介します。

ABCmouseは、5,000以上のアクティビティが用意されており、ゲーム、デジタルえほん、パズル、音楽などバラエティ豊かな教材を使用し英語を自習学習形式で学んでいきます。アメリカの英語教育の専門家により設計された学習メソッドで楽しみながら英語が学ぶことができるのが強みです。

ABCmouseイメージ画像

公式ページ

開発・運営会社

「ABCmouse」は、幼児・児童を対象としたオンライン学習プログラムで、元々はアメリカに拠点を置くAge of Learning, Inc.(エージ・オブ・ラーニング社)によって開発されました。パソコン、iPad、 iPhone、Androidなどのマルチデバイスで利用できる学習アプリで、北米を中心に世界各国で愛用されています。

世界中で利用している子どもは600万人以上で、家庭向けだけでなく7万以上の学習塾などの教室でも活用されています。さらに、本国のアメリカでは、全土のほぼ半数の図書館において地域の人々のためにABCmouseが(無料で)提供されています。

その日本版は、楽天がAge of Learning, Inc.と提携し展開しています。

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、教育事業において、早期教育向けに効果的なデジタル学習教材「ABCmouse.com® Early Learning Academy」などを開発するAge of Learning, Inc.(本社:カリフォルニア州ロサンゼルス、CEO:Paul Candland、以下「Age of Learning」)と業務提携し、児童向け英語教育サービス「Rakuten ABCmouse(読み仮名:ラクテンエービーシーマウス)」の販売を開始しました。なお、楽天は本サービスの個人向け販売を、日本国内で独占的に行います。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001101.000005889.html

公式ページ

アプリについて

アプリの機能が豊富に用意されています。

ゲーム

何百種類ものゲームが用意されており、インタラクティブであそびながら英語を学習することができます。

また、それぞれのゲームには一つひとつ違った学習目的が設定されており、英語の単語、言いまわし、文章などを英語でのやりとりしながらしっかりと積み重ねていきます。

英語の読み物

きれいなイラストやナレーションのついた何百種類もの読み物を見たり、聞いたり、読んだりすることで正確な英語の発音と単語を学び、リーディングの力を伸ばしていきます。

音楽

子どもが興味を持つ歌や音楽は、言語を学ぶ時の大切なツールとなります。ABCmouseでは、自分で歌を聞いたり、歌ったり、覚えたりすることで幅広く豊かな英語教育が体験できるだけでなく、リスニングの力とスピーキングの力を自然なかたちで上達させます。

パズル

パズルを使った学習は、空間を理解する力を養うだけではなく、観察する力と考える力を育てるのにも役立ちます。ABCmouseのオンラインパズルは、子どもが耳で聞いた物や事柄と、目で見た物や事柄をつなげる力を養い、自然なかたちで英単語の数を増やしていきます。

その他にも多様な機能が用意されており、その効果は高く評価されています。実際に大手学習塾である野田塾でも活用されています。

その他の機能やアプリについては公式ページで詳しく記載されています。

Rakuten ABCmouseのポイント

どんな子どもにおすすめか

公式サイトによると3〜8歳が対象年齢になっていますが、基本的には英語という語学学習になりますので、何歳でないとダメということはありません。ある程度アプリを自分で操作することが必要ですので3歳以上とされていると思いますが、年齢よりも英語スキルに応じての方が重要です。

用意されているコンテンツは英語が初めての方から、簡単な会話ができるレベルまでが用意されていますので、これから英語学習を始めるという方全員にお勧めができます。対象年齢以上である9歳以上の子どもでもコンテンツが豊富に用意されていますので十分楽しめると思います。

無料体験も用意されていますのでぜひ試してみてください。

過去にご紹介したEdTechサービスもよろしければ参照してください。

【アプリ紹介】マナビモ!アソベンチャー!

【アプリ紹介】Monoxer(モノグサ)